【評価/商品レビュー】Trijicon ACOG RMR 4×32レプリカとPTW M4 トレポンとの相性

Trijicon ACOG RMR 4×32 トリジコンレプリカとPTW M4 トレポンとの相性/商品レビュー

Trijicon ACOG RMR 4×32 トリジコンレプリカとPTW M4 トレポンとの相性/商品レビュー

 

Trijicon ACOG RMR 4×32レプリカ商品レビューになります。質感良し、点灯良し、取り付けたときの外観に違和感はなくいい感じです。

 

シューティングレンジにてゼロインを行えていないので、実際の調整範囲、タフさに関しては割愛させていただきます。

トリジコン エイゴック レプリカを覗き込んだ際のアイリリーフは近いのですが、倍率サイトなのでこんなものかなという感じです。RMRのほうがよく使いますし。

 

気になった点としては添付した写真のM4は※PTWなのですが、フロントサイトがトリジコン ACOGを覗き込んだ際、視界の下に写りこんでしまいます。

Trijicon ACOG RMR 4×32 トリジコンレプリカとPTW M4 トレポンとの相性/商品レビュー

 


以下引用です。

Professional Training Weapon(通称:トレポン)

SYSTEMA製 Professional Training Weapon(通称:トレポン)とはM16/MP5を使用した、米国の軍及び、警察でのCQBトレーニングで使用する事を前提として開発された、訓練用機器です。訓練時の違和感を最小限にすべく、外形寸法、重量バランス、操作方法が限りなく実銃と同一になるよう製作され、 当然、実銃用のアクセサリーパーツの殆どが無加工(一部要加工パーツ有)で取り付る事が可能です。開発コンセプトから従来のトイガンとは一線を画した製品となっております。


 

 

マルイや他社のM4でどうなのかはわかりません。ならばかさ上げだ。ACOGならキャリングハンドルに取り付けできたはず・・・

 

ちゃんとキャリングハンドル取り付け時の穴がちゃんと空いています。写真四枚目。

Trijicon ACOG RMR 4×32 トリジコンレプリカとPTW M4 トレポンとの相性/商品レビュー

いざ取り付け、そして入らない・・・キャリングハンドルの溝にACOGが太く入らない・・・
マルイのMWSから頂戴してきたキャリングハンドルにはつかず、メーカー不明のもう一本もだめ。
実物でどうなのか試したいところですね・・・

Trijicon ACOG RMR 4×32 トリジコンレプリカとPTW M4 トレポンとの相性/商品レビュー

 

総評といたしましては星5点中4点というところです。キャリングハンドル上へ設置に難があること、まだ射撃していないことを加味しての点数です。

 

 

しかしもっと高額で、もっといい加減な品が大量に出回っている中でこの値段の良品に出会えたのは感謝の極みです。

 

またサイトを覗きに来ようと思わせてくれる出来でした。

 

Trijicon ACOG RMR 4×32 トリジコンレプリカとPTW M4 トレポンとの相性/商品レビュー

 

 

 

 

Trijicon ACOG RMR 4×32 4倍スコープ トリジコン エイゴックの販売はこちらです。

キルフラッシュ付のセットで価格は10500円からです。

4倍のトリジコン Trijicon ACOG RMRでお得だと思いまうす(/・ω・)/

最高品質のPPT製です。ちゃんと4倍です。

https://replica-dotsight-surefire.com/cap-red-dot-trijicon-acog-rmr-4×32/

【キルフラッシュ付/レッド集光式ドット】Trijicon ACOG RMR 4×32 4倍スコープ トリジコン エイゴック

 

 

 

 

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です